• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

走馬看花の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

物をあわただしく大ざっぱにしか観察せず、理解の仕方が浅いこと。もとは科挙(官吏登用試験)に合格した者が馬を走らせ、得意げに都の花を見て回ったことをいう。▽「走馬」は馬を走らせること。「看花」は花を見ること。馬を走らせつつ花を見る、大急ぎで花を見る意。
出典
孟郊もうこう「登科後とうかののち」(詩)
活用形
〈―スル〉

走馬看花の解説 - 学研 四字辞典熟語

物事の表面だけをいいかげんに見て、本質を理解しないこと。うわべの理解だけで、満足していること。走っている馬の上から、花を鑑賞するという意から。
注記
「馬うまを走はしらせて花はなを看る」と読み下す。
出典
孟郊もうこう「登科後とうかののち

キーワード[いいかげん]の四字熟語

キーワード[うわべだけ]の四字熟語