• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

神や天皇、または貴人に対して行う座礼の作法の一。右膝から立ち、左足から進め、両足を踏み整えて姿勢を正し、笏 (しゃく) を正し笏頭を目の前にあげ、左膝を伏せ、次いで右膝を伏せて拝礼する。