• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

supercritical water》水をセ氏374度、218気圧の高温高圧にした状態。温度・圧力ともに臨界点に達した状態で、水は液体とも気体とも区別がつかない性質を帯びる。有機物の溶媒としてすぐれ、有害有機物の分解処理などに応用される。