• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

物質の相を圧力・温度を変数にして図示した状態図における、臨界点を超えた圧力・温度の状態。気体と液体の中間的な性質をもつ。この状態にある物質を超臨界流体という。特に水の場合は超臨界水といい、工業的に利用される。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉