• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 琴の弦の端を組み糸で結びかがったもの。

    1. 「夏来れば東 (あづま) の琴の―に縒 (よ) りかけてける藤浪の花」〈新撰六帖・五〉

  1. いろいろな色に染めた麻でよりあわせた縄。牛馬を引いたり、装束を掛けたりする。

    1. 「やり縄などいふものも、―なんどにや縒り合はせたる」〈今鏡・二〉