• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動マ五(四)]《「ふみくぐむ」とも》衣や袴 (はかま) などを足で踏むほどに裾長 (すそなが) に着る。
  • 「蹴出しの浅黄を―・み其の紅を捌きながら」〈鏡花・日本橋〉