[名](スル)苦しみ、いらだちなどのため、からだをよじらせ動かすこと。「悲しみのあまり―して泣く」

出典:青空文庫