• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「論語」衛霊公から》人は自己を責めるときはきびしく、他人の過失を責めるときは寛大であれば、怨みを受けることが少ない。