《「」と同語源》

[名]
  1. 生きている人間のからだ。身体。「茂みに身を隠す」「装飾品を身につける」

  1. わが身。自分自身。「身を犠牲にする」「だまっている方が身のためだぞ」「身の危険を感じる」

  1. 自分が何かをやろうとする心。誠心。「勉強に身が入らない」

  1. 地位。身分。立場。「身のほどをわきまえる」「家族を扶養する身」「他人の身になって考える」

  1. 皮や骨に対し、食べられる部分。肉。「魚の身をむしる」「身の小さな蛤 (はまぐり) 」

  1. 容器の、ふたに対して物を入れる部分。また、ふた付きの鏡などで、ふたに対して、本体のほう。

  1. 衣服の衽 (おくみ) などを除き、胴体を覆う部分。身頃 (みごろ) 。

  1. 刀の、鞘 (さや) に収まっている刃の部分。刀身。

  1. 木の、皮に包まれた部分。

  1. 10 身ぶり。

    1. 「少し案じる―ありてうなづき」〈咄・鹿の子餅

[代]
  1. 一人称の人代名詞。わたし。それがし。中世・近世で用いられた上品でやや尊大な言い方。

    1. 「―が申すやうは」〈伽・三人法師

  1. 二人称の人代名詞。「お」「おん」に続けて用いられる。→御身 (おみ・おんみ)