バラ科の常緑低木。本州南西部・九州の海岸に自生。葉は長楕円形で、枝の上部にほぼ輪状に密生する。5月ごろ、枝先に梅に似た白花が群がって咲く。実は黒紫色。樹皮から大島紬 (おおしまつむぎ) の染料をとる。たちしゃりんばい。

[生物/植物名]カテゴリの言葉