[動ラ五(四)]

  1. 堅い物が強くすれ合って音を立てる。きしむ。「雨戸の―・る音」

  1. すれ合わんばかりに近づける。

    1. 「舷 (ふなばた) を―・り艫舳 (ともへ) を双 (なら) べたれば」〈太平記・一六〉

  1. かじる。かむ。

    1. 「夜ごとに鼠が―・りけるが」〈咄・きのふはけふ・上〉

出典:青空文庫