1. 軍隊編制の単位の一。歩兵2個師団以上の編制で、師団との中間の規模のもの。

  1. 律令制で諸国に常置された軍事組織。正丁の3分の1が徴発され、軍毅が統率した。一軍団は約1000人、一国に二、三軍団が置かれた。延暦11年(792)廃止、代わりに健児 (こんでい) が設置された。

  1. (比喩的に)実力のある人を中心にした集団。または、共通の目的をもつ人々。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

出典:gooニュース