[名・形動]

  1. 言葉や態度が軽々しくて、思慮の深さや誠実さが感じられないこと。また、そのさま。「流行にとびつく軽薄な男」「軽薄な口調」

  1. 人の機嫌をとること。また、その言葉。おせじ。ついしょう。

    1. 「なにも、姉御の前だからとて―を云うではありませぬが」〈露伴五重塔

  1. 物が軽くて、うすいこと。また、そのさま。

    1. 「金石は重厚なり、羽毛は―なるが故に」〈暦象新書・中〉

[派生]けいはくさ[名]