• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

転輪蔵」の略。

謡曲。四番目物観世喜多流観世弥次郎長俊作。旅僧が北野天神で輪蔵を拝むと、経巻の守護神火天と輪蔵を考案した傅大士 (ふだいし) の霊が現れ、一夜にしてすべての経巻を拝ませる。