• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
  1. 大きく円形に開いた花冠。

    1. 「あれだけ―の大いのは世間に珍しい」〈鉄腸・花間鶯〉

  1. 覆輪 (ふくりん) 」の略。

[接尾]助数詞。
  1. 咲いている花を数えるのに用いる。「一―の菊」

  1. 車輪を数えるのに用いる。「二―車」「四―の馬車」