• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

轗軻不遇の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

世に受け入れられず行き悩むさま。事が思い通りにいかず行き悩み、ふさわしい地位や境遇に恵まれないさま。▽「轗軻」は道が平坦へいたんでないさま。また、事が思い通り運ばず不遇なさま。世に受け入れられず行き悩むさま。
出典
『北史ほくし』文苑伝ぶんえんでん
用例
朝子は、理由もなく無性に不満であった。轗軻不遇の身にあるようで、真価をみとめられずに<三島由紀夫・真夏の死>
類語
懐才不遇かいさいふぐう
活用形
〈―ナ〉

轗軻不遇の解説 - 学研 四字辞典熟語

恵まれた才能をもちながら、世間から認められないこと。また、物事が自分の思い通りに行かず、地位や境遇に恵まれないこと。
注記
「轗軻」は、道が凸凹で車がうまく進めないさまから転じて、志を得ないことのたとえ。「不遇」とほぼ同意。
出典
『北史ほくし』文苑ぶんえん・序
用例
孔子の饑餓に苦められしことあるも、孟子が轗軻不遇に終りしも、帰する所は同一理なり。〈石橋忍月・罪過論〉

[喜怒哀楽を表す/嘆く]カテゴリの四字熟語

キーワード[才能・実力・能力]の四字熟語

キーワード[人材活用]の四字熟語