• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古代、大和国添上郡(現在の奈良市内)に、辰の日ごとに定期的に立った市。

「無き名のみ―とはさわげどもいさまだ人をうるよしもなし」〈拾遺・恋二〉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉