• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 農村や農民の生活・習俗を素材にした文学。明治30年代以後、自然主義文学から派生。真山青果「南小泉村」、長塚節 (ながつかたかし) 」など。

  1. 農民の立場に立って自覚的に展開された文学。大正末期から昭和初年にかけて文学運動として発展。小林多喜二「不在地主」など。

[補説]書名別項。→農民文学

日本の文芸雑誌。季刊。伊藤永之介、和田伝 (つとう) らが結成した日本農民文学会の機関誌として、昭和30年(1955)に創刊。昭和32年(1957)には農民文学賞を創設、受賞者には宗谷真爾、草野比佐男などがいる。