• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、領地替えなどで、従来の知行高と新しい石高が等しいのに年貢率の相違によって収入額が減少する場合、別に増加された石高。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉