• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[連語]《副助詞「まで」+係助詞「も」》
  1. …にしても。…であっても。「成功しない―、もう一度試してみたい」

    1. 「用ゐさせ給はぬ―、…この由 (よし) を告げ申し侍らむとて」〈・明石〉

  1. …する必要はない。…には及ばない。「ことわる―なく、すでに了解ずみの事柄だ」

    1. 「これは申す―なけれども」〈虎明狂・目近籠骨〉

[補説]1は打消しの語に付き、2は下に打消しの語を伴う。