• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

日本文学史で、安土桃山時代江戸時代に成立した文学の総称。前期は上方、後期は江戸を中心に発達。町人階級の興隆により、写実を基調に、義理・人情・好色・粋・通・こっけいなどを主題として多種多様な文学が生まれた。→江戸文学上方文学

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉