• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

光の波長よりも極めて小さい開口部などで、局所的にまとわりつくように存在する特殊な光。プリズムなどの全反射における反射面の背後ににじみ出る光(エバネッセント光)もその一。いずれも一般的な光と異なり、遠方に伝播しない。走査型近接場光顕微鏡、半導体などの微細加工技術、大容量記憶装置への応用が試みられている。