• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

連星のうち、両天体の間隔がどちらかの天体の半径程度しか離れていないもの。互いの天体の大気の構造や進化に影響を与えるほど接近した近接連星が知られる。一方が恒星、一方が白色矮星や中性子星などの高密度天体の場合、恒星から流れ込むガスが高密度天体の周囲に降着円盤を形成したり、新星の突発的な増光やX線バースターの放射の原因になったりする。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉