• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

律令制の官司の一。令外 (りょうげ) の官。天平神護元年(765)授刀衛を近衛府と改称、さらに大同2年(807)近衛府を左近衛府、中衛府を右近衛府とした。兵仗 (ひょうじょう) を帯びて宮中を警護し、朝儀に参列して威儀をととのえ、行幸に供奉した。四等官 (しとうかん) のほか、府生 (ふしょう) 番長などの職員がいた。近衛。親衛。羽林。このえづかさ。このえのつかさ。こんえふ。ちかきまもりのつかさ。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉