[動ラ五(四)]

  1. 表であったものが裏になったり、上であったものが下になったりして、ものの向き・位置が反対になる。裏がえる。ひるがえる。ひっくりかえる。「裾が―・る」「軍配が―・る」「漢文を下から―・って読む」

  1. (返る)一度変化したものが、前やもとの状態になる。「童心に―・る」「正気に―・る」

  1. (返る)一度手を離れた物が手元に戻る。もとの所有者に戻る。「忘れ物が―・る」「投資した金が倍になって―・ってくる」

  1. (返る)こちらからの働きかけに対して、相手が反応する。「返事が―・ってくる」

  1. 年月・季節が一巡して再びその時になる。年が改まる。

    1. 「その年も―・りぬ」〈更級

  1. 染めた色がさめる。色があせる。

    1. 「はな(=ハナダ色)も―・り濡れなどしたる薄色の宿直物 (とのゐもの) を着て」〈・二〇〇〉

  1. 動詞の連用形に付く。

    1. ㋐すっかり…する、ひどく…する意を表す。「静まり―・る」「あきれ―・る」「むせ―・る」

    2. ㋑繰り返し…する意を表す。

      「ぬばたまの夜を長みかもわが背子が夢 (いめ) に夢にし見え―・るらむ」〈・二八九〇〉

[可能]かえれる