• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動マ下一][文]せりつ・む[マ下二]極限までせまる。つめよる。
  • 「真 (ま) づみというのは…段々と昼になったり夜になったりする―・めた時をいうのであって」〈露伴・幻談〉