• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

外界からの刺激が、迷走神経求心性線維を介して脳の中枢に伝わり、遠心性線維によって末梢の臓器や効果器に防衛反応が生じること。

[補説]気管に刺激を受けたとき、声帯の閉鎖に続いて急激な呼吸運動が起こり、せきが出る、というような反応がこれにあたる。また、排尿時に血圧が低下して失神するなど、過剰な反応によって身体に異常が生じることがある。