• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 盂蘭盆 (うらぼん) の最終日、親族の霊を送るために門前などでたく火。門火 (かどび) 。 秋》「—のあとは此世の蚊遣哉/也有」⇔迎え火

  1. 門火 (かどび) 1」に同じ。

[補説]書名別項。→送り火

高橋弘希小説平成30年(2018)、雑誌文学界」5月号に掲載都会から青森県の廃校直前の中学転校してきた少年を主人公に、陰湿ないじめと暴力支配された中学生たちの閉鎖的な世界を描く。第159回芥川賞受賞

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年7月