• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 相撲で、相手をつり上げたまま、自分から土俵外へ踏み出した足。負けにはならない。

  1. 柔道で、相手の足の動きに合わせ、自分も動くこと。

  1. 剣道で、片足を踏み出したあと、すぐ他の足を引きつける足さばき。

  1. 貴人の面前に目録などを持参するとき、敷居ぎわで一度足を引いて踏み直してから越えていく足の運び。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉