《普通とは逆にした手の使い方の意》

    1. ㋐刃物の柄を、親指が柄の端、小指が刃の方になるように握ること。切腹するときの短刀の持ち方。

    2. ㋑器械体操で、鉄棒などを、手のひらを手前に向けて下から握る握り方。⇔順手

  1. 相手の攻撃を利用して、逆にやり返すこと。ぎゃくて。「発言を逆手にとってやりこめる」

  1. 逆手投げ」の略。

  1. 上代、人をのろうときや凶事に際して打ったという手の打ち方。詳細は未詳。天 (あま) の逆手。

出典:gooニュース

出典:青空文庫