[名・形動]

  1. 物事の上下・左右・前後・裏表などの関係が本来の状態とは反対になっていること。また、そのさま。逆 (ぎゃく) 。さかさ。さかしま。「―から読んでも同じ言葉」「セーターを裏表―に着る」「壁の絵が―だ」

  1. 道理や事実に反すること。また、そのさま。さかさ。さかしま。「言う事とする事が―だ」「娘に説教されるとは―だ」

  1. 特に、子が親より先に死ぬこと。

    1. 「―ながら御回向 (ゑかう) を、受けますこともあらうも知れず」〈人・娘節用・三〉

出典:青空文庫