• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

絵画の構図法で俯瞰 (ふかん) 図法の一。画面の奥に向かう線を末広がりに表したり、後方の物を前方の物より大きく描いたりする方法。東洋画にみられる。→遠近法

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉