• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動マ五(四)]

  1. 這って中に入り込む。這い入る。

    1. 「縁側へ上って座舗 (ざしき) へ―・み」〈二葉亭浮雲

  1. 夜ばいをする。

    1. 「奴は下女癖があると見えて今でも下女に―・む」〈魯庵社会百面相