• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸中期の読本 (よみほん) 。明代の「西漢通俗演義」の翻訳。15巻。7巻まで夢梅軒章峰、8巻から称好軒徽庵 (きあん) 訳。元禄8年(1695)刊。漢の劉邦と楚の項羽とを主人公に、その時代の史実を簡明な読み下し文で述べたもの。中国種の軍談物の先駆。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉