• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

俳人、金子兜太による俳論。昭和36年(1961)、雑誌「俳句」に連載。主客という従来の二項対立的な俳句創作の概念を覆す、戦後俳句の革新的理論書。