《古くは「そうし」「ぞうし」とも》とっさの場合。ごく短い時間。

「尊い神の道を奉じて―にも顛沛 (てんばい) にも神の御恵を感謝せねばなりませぬ」〈魯庵社会百面相