• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. しりとりで詠み続ける和歌。前の歌の最後の言葉をとって、次の歌の初めに詠み込むもの。

  1. 連歌 (れんが) 」に同じ。

    1. 「昔、一条摂政のみもとにて、人々―侍りけるに」〈撰集抄・八〉