《つながる意の動詞「つがる」の連用形から。「つかり」とも》

  1. くさり。

    1. 「鉄 (くろかね) の―」〈仁徳紀〉

  1. 糸でからげてつないだもの。すがり。

    1. 「今朝はまた誰きて見よと藤袴 (ふぢばかま) 玉貫 (ぬ) く露の―しつらん」〈新撰六帖・六〉

  1. 袋の口をひもを通して引き締めるようにしたもの。また、その部分。すがり。

    1. 「袋の口あくるを遅しと―を引き切り」〈伽・三人法師

出典:青空文庫