• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 二つ以上の未知数を含む二つ以上の方程式からなり、これらの方程式が未知数の同じ値によって成り立つもの。未知数の最高次数により、連立二次方程式・連立三次方程式のようによぶ。

  1. (比喩的に)問題が複雑にからみ合っている物事のたとえ。「財政再建、福祉充実、景気対策の連立方程式を解くための政策を立案する」