• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「しんじ」とも》

  1. 立ち居振る舞い。挙動。

    1. 「小乗声聞の法をもて、大乗菩薩法の威儀―を判ず」〈正法眼蔵・三十七品菩提分法〉

  1. 土地や人間などを占有し、思うままに支配すること。

    1. 「田園ことごとく一家の―たり」〈平家・二〉