• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名](スル)《せまりふさがる意》
  1. 落ちぶれて世間から隠れ、ひっそり暮らすこと。「郷里に逼塞する」

  1. 江戸時代の武士や僧侶に科された刑罰の一。門を閉ざして昼間の出入りを許さないもの。閉門よりも軽く、遠慮より重い。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉