• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

遅疑逡巡の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

ぐずぐずとして、いつまでも疑い、決断せずにためらうこと。▽「遅疑」はいつまでも疑って決心できないこと。「逡巡」もためらう、しりごみする、ぐずぐずすること。「巡」は「循」とも書く。
句例
遅疑逡巡して決断できない
用例
遅疑逡巡する重臣たちにたいして、砲術所の青年たちが動き出した。<綱淵謙錠・戊辰落日>
類語
右顧左眄うこさべん 狐疑逡巡こぎしゅんじゅん 遅疑不決ちぎふけつ 遅疑不断ちぎふだん 遅疑不定ちぎふてい
対義語
知者不惑ちしゃふわく
活用形
〈―スル〉

遅疑逡巡の解説 - 学研 四字辞典熟語

いつまでも疑い迷って、決断できずにためらうこと。
注記
「遅疑」は、いつまでも疑って決断できないさま。「逡巡」は、ぐずぐずとためらうさま。
表記
「巡」は、「循」とも書く。
類語
右顧左眄うこさべん 狐疑逡巡こぎしゅんじゅん

[揺れる気持ちを表す/優柔不断]カテゴリの四字熟語

キーワード[決意・決断]の四字熟語

キーワード[節操]の四字熟語

キーワード[迷い・迷う]の四字熟語