• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

俗界を離れて仙界に遊ぶことをうたった詩。中国六朝時代に多く作られたが、東晋郭璞 (かくはく) の作が最もよく知られる。