• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「遊糸 (ゆうし) 」の訓読みから》陽炎 (かげろう) 。いとゆう。

「曇りなくなぎたる空に―に琴柱 (ことぢ) をたてて帰る雁 (かりがね) 」〈夫木・五〉