• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

運否天賦の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

人の運命は天の定めによるということ。運不運は天命であること。転じて、運を天に任せること。▽「運否」は運不運、運のあるなしの意。「天賦」は天が与える、天が与えたものの意。「否」は「ぴ」とも読む。
用例
もしも犬が来よったら誰でも見つけ次第に“散レ!”とどなる。あとは運否天賦、おまえの足と相談せえ<開高健・日本三文オペラ>

運否天賦の解説 - 学研 四字辞典熟語

人の運不運は天命によるということ。運命を天にまかせること。
注記
「運否」は、運のあるなし。「天賦」は、天の与えたもの。「運否」は、「うんぴ」とも読む。
表記
「運否」を「運賦」「運非」などと書きちがえない。

運否天賦の解説 - 小学館 大辞泉

運のよしあしは天が決めるということ。運を天に任せること。

[生きる指針/人生訓・指針]カテゴリの四字熟語

キーワード[運命]の四字熟語