俳諧で、多数の人が集まり一定の題によって句を作り、互選する会。文政年間(1818~1830)に始まり、明治時代には日本派俳人の定式となった。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫