• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「論語」衛霊公から》過ちはだれでも犯すが、本当の過ちは、過ちと知っていながら悔い改めないことである。