[名・形動]

  1. 分に過ぎた扱いを受けること。また、そのさま。多く、謙遜しながら感謝を表す場合に用いる。「過分な(の)頂き物をする」

  1. 態度や振る舞いが、分際をわきまえないこと。また、そのさま。身分不相応。「過分な望みをいだく」

    1. 「父子ともに―の振る舞ひすると見しに合はせて」〈平家・二〉

  1. 程度や限度を超えていること。また、そのさま。

    1. 「やせ衰へたる牛などを安々と買ひとって…―に売り」〈虎明狂・牛博労〉

出典:青空文庫