• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

昔、都から下る道中の地方を二つまたは三つに分けたときの、最も都に近い地方。→道の後 (しり) 道の中

「播磨 (はりま) を―として」〈・中〉