大阪府藤井寺市にある真言宗御室 (おむろ) 派の尼寺。山号は蓮土山。推古天皇の時代、菅原氏の祖である土師連八島 (はじのむらじやしま) が自宅を寺として土師寺と称したのが始まりといわれる。道真の没後、天満宮が祀られ、道明寺と改称。本尊の十一面観音像は国宝。
謡曲脇能物観世金剛喜多流。僧尊性 (そんじょう) が霊夢により道明寺に行くと、白太夫の神が数珠にするための木槵樹 (もくげんじゅ) の実を授ける。
浄瑠璃菅原伝授手習鑑」の二段目切 (きり) の通称。太宰府への途中、菅原道真が河内土師 (はじ) の里に伯母を訪れると、時平の手先が襲ってくるが、みずから刻んだ木像が奇瑞をあらわして助ける。
  1. 道明寺糒 (ほしい) 」の略。 夏》

  1. 道明寺粉を材料として作った和菓子。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉

[生活/料理]カテゴリの言葉

[夏/生活]の季語